08.低身長・痩せ型の着こなし術

img_06.jpg低身長で痩せ型の男性は、存在感が薄くなってしまいがちです。しかしながらファッションの着こなしを工夫することによって、印象を大きく変えることができます。

低身長かつ痩せ型である男性はおもに、着こなしのバランスがファッションのポイントとなります。たとえば痩せていることをカバーするために、大きめの服をだらしなく着てしまうと、背が低いことは一層強調されることになります。また、背が低いことをカバーしようとして細身のシャツやパンツで全体をすっきりさせてしまうと、貧弱に見えてしまうおそれもあります。

低身長で痩せ型の男性はファッションについて、まずトップスに目が行く着こなしにするということが、ポイントになります。トップスは丈が短めで、なるべく明るめの色を選ぶことが基本です。特に赤や黄色などといったカラフルな色が、人の目線を上に集めるものになります。地味な色が好きであるという人であっても、挑戦してみることが大切です。

サイズとしては大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズのものを選ぶことが大切です。極端に偏っているサイズのものですと、逆に短所が目立ってしまうことになります。

また、トップスにボリュームを持たせる場合には、ボトムスもスキニージーンズなどですとバランスが悪くなるため、避けるようにします。スキニージーンズを合わせたい場合には、トップスも細身のデザインのものにします。上からジャケットを羽織ったり、マフラーやスカーフなどといったアイテムを使ったりすると、バランスが良くなります。


成長期を過ぎてもまだ伸びる
身長を伸ばす方法、あります